【アサイベリープラチナアイ】成分や原材料は何でできてる?ルテインって何?

【アサイベリープラチナアイ】成分や原材料は何ででき

 

アサイベリープラチナアイは本当に目にいい成分が含まれているの?

 

どんな原材料でできてて、どんな栄養素が含まれているの?といった
疑問について解説します^^

 

公式ページに書いてある普段聞き慣れない栄養素についても触れてますので
よろしければ参考にして下さい☆

 

 

どんな成分でできてるの?

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

アサイベリープラチナアイという商品名にも使われている「アサイベリー」という
アマゾンに自生しているヤシ科の植物があります。

 

このアサイベリーは赤道直下という過酷な状況で育つため、
自分を守るための栄養素をふんだんに蓄えています

 

強い紫外線から自分を守るため、ポリフェノールはブルーベリーの18倍
アントシアニンはブルーベリーの5倍、ビタミンCはレモンの3倍、鉄分はほうれん草の2倍と言われています。
よって目にとっての奇跡のフルーツとも呼ばれています。

 

 

ポリフェノールの一番のウリは抗酸化作用という、紫外線や老化による
細胞の劣化を抑制する物質です。

 

 

これによって目を正常な状態に維持する大きな力になります。

 

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

 

更に、ビルベリー、カシス、ブドウ、を豊富に使用しており、
効果をもっと実感できるようになってます^^

 

ビルベリーは、第二次世界大戦中に、イギリス空軍のあるパイロットが言った
「薄明かりの中でも、周りの景色がハッキリと見てとれた」
という証言に興味を持ったイタリアとフランスの学者が研究を重ねた結果、
ビルベリーに豊富に含まれるアントシアニンが人間の目にとってもいい効果をもたらすことが分かりました。

 

そのパイロットはブルーベリージャムが大好物で、毎朝パンにブルーベリージャム
をたっぷりとのせて食べてたそうです^^☆

 

ビルベリーのアントシアニン含有率は、他のどんな野菜・果物よりも多く、
ブルーベリーの王様」とまで呼ばれています。

 

カシスはカシスオレンジなどで身近なフルーツだと思いますが、
カシスは、ブルーベリーの約4倍ものアントシアニンを含有しており、
その他にも、ビタミンCやβ-カロテンなど、豊富なビタミン・ミネラル
含まれています。

 

とっても身近なフルーツであるブドウは、欧米では皮ごと食べることが多いって
ご存知でしたか^^?僕はまっったく知りませんでした。笑

 

皮の色素は外からの刺激に対して身を守る栄養素が詰まっているので、
それをカラダに取り入れることで、細胞をキズつけるカラダにとって悪い物質
から身を守ってくれるということですね!

 

アサイベリープラチナアイには、こういった目にとって必須成分と、目の働きを助ける成分とが豊富に含まれています

 

 

 

ルテインの効果とは?

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

ルテインとは、カロテノイド(苦味・渋み・色素成分)という栄養素のひとつです。

 

カロテノイドの効能として、カラダをサビ化させる活性酸素という有害物質
から細胞を守ってくれる「抗酸化作用」というものがあります。

 

活性酸素や紫外線などで、細胞がダメージを受けたり老化が早まったりする
のを、カロテノイドやポリフェノールなどが活性酸素を除去して、細胞を守って
くれるわけですね^^♪

 

ルテインをきちんと摂取することで、視界の中心がぼんやりと暗く見える黄斑編成(おうはんへんせい)という症状の予防や改善、かすみ目や老眼の予防と改善、疲れ目症状の抑制などの効果が期待できるとされています。

 

なぜ目にいいのかというと、目の黄斑部(おうはんぶ)という、「見る」という
機能にとって特に大事な部分の多くがルテインで構成されているということです。

 

>>詳細は目の仕組みを参照ください^^

 

このルテインは体内で作り出すことができません。更に、時間とともに、体内に
あるルテインもどんどん減少していくので、食べ物で摂取しないと視力が悪化
する要因になってしまいます。

 

あと、アサイベリープラチナアイに含まれるルテインはフリー体ルテイン(天然ルテイン)になりますので、カラダに優しく、吸収もしやすいものです。

 

 

アスタキサンチンの効果とは?

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

アスタキサンチンも、ルテインと同じカロテノイドの一種です。

 

カロテノイドということで、一番の効果は抗酸化作用なんですが、
カロテノイドの何がスゴイのかというと、抗酸化する守備範囲がぶっちぎりに広いということです。

 

ほとんどの抗酸化物質は、それぞれの守備範囲を部分的に守ります。
が、アスタキサンチンは細胞膜全体を同時に守ることができます

 

更に、抗酸化力もビタミンEの約1000倍ものチカラがありますので、眼精疲労の予防と改善、目の周辺も含めた筋肉老化の予防、活性酸素を抑えることによる美肌効果、細胞のサビ化を抑えることにより加齢臭を軽減する作用なども報告されています。

 

このアスタキサンチンは、本来はエビやカニ、鯛など、赤い色の海産物から抽出
される栄養素なのですが、サプリメントなどに使う際は、必要量をまとめて抽出する
ことが大変です。

 

なので、ヘマトコッカス藻といわれる、微小生物から採取されます。

 

このヘマトコッカス藻にストレスをかけると、そのストレスから身を守るために、
体内でアスタキサンチンを生成します。これを抽出するわけですね^^

 

公式ページにヘマトコッカス藻と記載されているのは、このためです。

 

 

 

ポリフェノールはなぜ目にいいの?

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

ポリフェノールは植物などの苦味・渋み・色素成分ですが、目だけでなく、
カラダ全体にとって、様々な良い効果をもたらすものです。

 

(もちろん過剰摂取はよくありませんが。。)

 

ポリフェノールとは総称で、ポリフェノールという分類の中にたくさんの種類があり
ます。

 

その中でも、アサイベリープラチナアイには特に目に有効な成分を含むポリフェノールが多く含有されているということです。

 

人間の体は酸素を取り入れて、内臓や血液など様々な機能を動かしています
が、その流れの中で、酸素が活性酸素という物質に変化します。

 

活性酸素は少量であれば、害はないのですが、ストレスや紫外線や様々な刺激
によって余分に発生してしまうと、とたんに有害な物質へと変貌します。

 

これを押さえ込んで除去するのがポリフェノールやカロテノイドといった抗酸化物質
になるんです。

 

よって、目のピントを合わせる筋肉の劣化を防いだり、目を構成する細胞を守り、それだけでなく、美肌効果や、動脈硬化・脳梗塞が発症する可能性を減らすといった効果があるとされています。

 

 

 

その他の気になる成分

アサイベリープラチナアイ成分・原材料・栄養素についての記事の画像

 

ヘマトコッカス藻

 

アスタキサンチンを効率的に抽出するために利用される藻(も)の一種です。
ストレスを受けることで、体内で貴重なアスタキサンチンを生成します。

 

オレイン酸

 

酸化に強い油です。
空気に触れ、風味が落ちてしまったり毒性を持つことを酸化といいます。
酸化にしくい油ということですね☆

 

 

 

>>トップページへ♪